訪問日:今月

先月末にオープンした「大ふく屋」の新店。最寄駅は御徒町なんだけど、お店のHPでは
上野店と記載されていた。関連店の「せたがや」に魚郎なる二郎風メニューあるので
大きな驚きはないが、大ふく屋上野店に二郎風メニューが登場しているとの事で早速走る2
大ふく屋  上野店 外観
野郎ラーメン(850円)の食券を購入。無料トッピングも食券制で下の方にあるヤサイ、
アブラ、ニンニク(各券無料)のボタンを押し発券を受けるシステム。ヤサイアブラニンニクの
食券も手に入れ、大盛りまで同一料金との事で大盛り(こちらは口頭)でお願いします。
ちなみに食券機左上には緑ラベルのカネシ醤油シールが貼ってあった。(09.11現在)

絵文字名を入力してくださいドMハイヒールなお人にはたまらない響であろう豚野郎ラーメンなるメニューもあった。
大ふく屋 上野店 メニュー


偉大な二郎をリスペクトしているらしい。
大ふく屋 上野店 こだわり


野郎ラーメン大盛り ヤサイアブラニンニク 850円
大ふく屋 上野店 野郎ラーメン ヤサイアブラニンニク
店内掲示によると、今のところ大ふく屋御徒町店限定メニューらしい(日50食限定)。
私の訪問時、7割がた埋まった店内で野郎ラーメンを食べていた野郎は私だけでした。

汁:醤油強めのスープ。これ系なら背脂や甘みがもう少し欲しいところ。
麺:大盛り300gと表記されていた気がしたが?200gもないような。池二郎的四角中太。
豚:トロケルように美味い豚と鬼のように嚙み応えのある豚が半々。
葫:かなり香りが強いニンニク。辛味も強いので少なめ位でいいかも。
野:ヤサイ券提出も店内見本とかなり違う大人しい盛り。茹で具合シャキシャキ。
量:大盛り注文でも亜流標準(デフォ)量より少ない。
その他:アブラトッピングは背脂追加ではなくスープ表面の油層が増える仕様(たぶん)。

二郎インスパイア系の中でも高価格帯な方で量的な部分でも非常に大人しく
コストパフォーマンスは良くない。二郎なら小豚Wか大豚を食べられたな~。
重厚煮干中華そばのスープベースで二郎風をやってくれた方が目新しさがあったかも。
私的にはグっとくるものがなかったのですが、オープンしたばかりで味も固まっていなかった
可能性もあるし、長時間の通し営業という事もあり作り手がチョクチョク替わると思うので、
今後の評判が良いようだったらアブラトッピング無しで再訪してみたいと思います。



詳しくは:こちら