新大利根橋有料道を渡り守谷へ。何かのトラブルからか?開店時刻から
15分程遅れての営業開始。その時には40人以上の行列が出来てました。
二郎 茨城守谷店外観
小豚にしたい気持ちを抑えながら小の食券をポチっと。トッピングはニンニクのみで。
茨城守谷二郎 小 ニンニク
ネットで予習してきた守谷二郎像とは違い、なんとも三田チックな豪快な盛り。
乳化気味情報の多かったスープも予想に反し非乳化でカエシの強いスープ。
二郎にしては珍しく縮れの多い極太麺は柔目の茹で上げでした。(通常はカタメ傾向らしい)
開店したばかりなので模索段階かと思うのですが、徐々に守谷らしさも出て来てるようでぱんだもびっくり
特に豚絵文字名を入力してください(今回だけかもしれませんがえへへ・・・
茨城守谷二郎 スライス豚
載っていたのは個の豚ではなく、崩し豚ならぬ「スライス豚」が沢山でした。
私的には食べ易いうえに斬新なスタイルで好き系です。(好みは分かれそう)
更に斬新といえば電球1ロット10杯以上作成というのも初めて観たのでビックリねこ
ピンク札の少なめラーメン券の場合はコーンのトッピングがある(店員さん談)らしい
ので少食の方は是非ピンク札で!初回訪問でありながら落ち着くまではいろいろと
変化のありそうな気がするので、あくまで本日の守谷って事で読んで頂ければ幸いです。
御馳走様でした~sc06