国道4号を北上し那須塩原で遅めのランチ。その後、再びR4を北上し
白河付近から県道37号線に入りR118→日光街道を経て会津若松入り。
県道37からR118へ
高速代をケチったと言われれば、その通りなんですが…
下道で景色みながらマッタリ行くのが好きなんですよ!
と強がっておきます(ホントの事なんだけど・・)。


因みに帰りも高速を使わずR294で南下しましたが信号もほとんどなくて
快適にドライブ出来ました。特に白河→七井駅の区間は走りやすかった♪
車の燃費により違いますが、愛車での往復のガス代は5000円前後でした。
都内からの移動手段では高速バス片道3500円前後もありますが、春夏冬の
青春18切符で行くのが一番お得かもしれません



もとい、で
念願の会津若松二郎
会津二郎 外観
白虎隊で有名ですが、ナゼ郡山・福島でもなく会津若松に?
そんな歴史的な流れを考えると、新選組の流山店もありそうな予感





初回なんで無難に「小」をニンニクのみでお願いしました!


 ニンニク 650円
会津二郎 小 ニンニク
三田や神保町みたいな、二郎にしては細めで固めに茹でられた麺は
パキパキ食感で甘味タップリ。柔麺派のボクを一蹴するカタウマ麺
二郎にしては小さく薄切りな豚も美味く、少しトロミのある微乳化スープ
も新店とは思えない出来。オープン間もないのに、かなりの優等生!。
唯一難点をあげるのならば、新規開店後しばらくは量が多く残される
事が多いことから徐々に全体量を減らす新規店が多いと思うんですが・・・
会津若松二郎の場合は、オープン間もない段階なのに既に全体量が
大人しめになっています。新店なのに綺麗にまとまり過ぎていて
「これが二郎だ!」と地元の方々を驚かせる様な盛りではなかったかな~。
まぁオープンしたばかりなんで、次回はワイルドな方へ向っている事を期待
とは言え、抜群に美味くてワザワザ来て良かったと思える新店です




(訪問日:最近)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さい。