茨城大勝軒グループの新店。「鷹の爪」という屋号から察する二郎に続いて
今度は蒙古タンメンインスパイア?アレンジ上手なこの系列なら期待できる
などと事前情報がまったくなかったので、いろいろ予想しながら向かいます。
鷹の爪 外観
最寄駅は東西線の行徳駅。かつては風来坊やぽっぽっ屋などの二郎系が
あったので過去に何度か来ている街であり大学時代の合コンでも何回か
来ているので、ちょっと懐かしかったです。駅からは徒歩4分弱で到着。
鷹の爪 鷹の爪拉麺 あんかけ ニンニク
茨城大勝軒のHPでは「鳳凰麺」と紹介されていましたが店員さんに訊いたところ
「鷹の爪拉麺」との事通常メニューが始まらないないと掴み難い部分があります。
まずは辛さの選択を訊かれお勧めという4辛に。他にも2辛やノーマルもあったかな?
続いて、あんかけの有無をアリでニンニクトッピングをアリでお願いを。
某店のアリアリみたく厨房に伝えてましたね。

以下、暫定的(今後いろいろ変わってきそうなので)にですが本日の印象。

:中本では無く二郎風スープに辛みを加えたような味。にかいやの赤道みたいな。
:中太でやや平たくツルツルした食感。この系列らしくない麺だが好みなタイプ。
:デフォで焼豚は載らず、野菜下に薄切りのバラ肉が多数。
:この系列特有の漬けニンニクではなくノーマルな刻みニンニク。
:しゃきしゃき野菜。(ヤサイ増しが可能なのか?本日のところ未確認)
:麺量としてはデフォで150g強くらい?大盛にすると結構大きな丼になる。
その他:あんかけを頼むと左右味の違う茄子入り甘辛あんが追加される。
卓上調味料に辛さを増すパウダーがあり。ガラムマサラ(?)みたいな香辛料だと
思ったけど色味が違うし私の舌では判別不明。お酢との相性がいいスープでした。

蒙古タンメンを予想して行ったけど、今日食べたメニューは辛い二郎風。
激辛好きには試して欲しいお店で、中本好きなら私の食べた4辛は余裕かと思います。
いつから食べられるのか?「激辛拉麺」に少し興味があります。御馳走様でした♪



最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。