荒川CRをサイクリングがてら新四ツ木橋から業平橋方面へ。
遠目からはZガンダムで登場したハイパーメガランチャーにしか
見えなかったけど、近くで見ても何かの兵器みたいなスカイツリー
業平大 スカイツリー


そのスカイツリーの麓に10日オープンした「らーめん大 押上・業平橋店」。
野菜マシマシ可能な店をこの場所に出したのは大正解ですね。タワーの下に
山盛り野菜のお店という事で、今後TVなどのマスコミがほっとかないでしょう。
業平大 外観
オープンしたてで混んでるかと思いきや、店外11人待ちと予想外に空いていたので
寄ってみる事にしました。食べ始めまで30分チョットだったのでラッキーだったかも。


らーめん 野菜増しアブラヤサイカラメ
業平大 らーめん 野菜増し アブラヤサイカラメ
いろいろな観光客を意識しての店外装に加え、野菜・野菜増し・野菜増し増しの
コール別の違いが写真で紹介されていたりと、私の知る大に比べ親切な気がします。
店ごとのオリジナリティーがある二郎に対し、大としてのブレないクオリティーは
ここでも健在で、どこで食べても同じ様な味を提供し続けているのは本当に凄いです。
ペラペラ豚が弱点かと思いますが、安心して食べられるJ風店なのは間違いなし。
トッピング類の価格が他店に比べ微妙に高い気がしたけど全体的に上がったのか?
この店限定なのか?はわかりません。私的に大でのお勧めは「油そば」です


店内で頂いた名刺。いつの間にか大増殖
らーめん大 GROUP 
渋い場所にオープンする印象が強かったけど、今回ばかりは



(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。





2010.11.13 麺屋 一燈
限定でJ風メニューが始まったのは知ってたが、忙しくてなかなか行く
時間がなく、今回はようやく限定に間に合いそうな機会を得たので一燈へ
麺屋一燈 外観
(外観画像のみオープン時のを使い回しです。実際は昼に訪問してます)


事前情報がほぼ無く(調べてないだけ)J系との情報のみでの訪問です。
金額もわからないので850円くらいかな~?と小銭900円を用意して食券機前に
立ちましたが、な!なんと!!700円と予想外にリーズナブルな価格。
デフォで麺量250gとの事だったので中盛券50円を買い350gに麺増量。
食券提出時にヤサイの増量を訊かれますが、盛り具合の画像情報がないうえ、
平井時代のサービス満点の別盛りできたらピンチ(本当は嬉しい)だと思い
「ヤサイ少し多目」と大人しめのコールにしておきました。


一燈 野菜ラーメン 中盛
一燈 燈郎 ヤサイマシ
先客の盛りを観たとこ安全そうだったので、結局はヤサイマシにして貰いました。



ニンニク・魚粉は標準で付いてきます(別皿提供)。
燈郎 ニンニク 魚粉


見た目から価格以上の豪華さがあります
燈郎 横から
トロっとした乳化した重厚なスープ。アブラが強い分、人によってはカエシが薄く
感じるかもしれないけど、その場合は申告すればカラメ用のタレを提供して貰えます。
丁寧に作られたであろう豚はかなり美味くライスと一緒に食べたくなりました♪
(カウンターにあるメニュー表にライス単品はなかったような?有無については未確認)
欲を言えば野菜が一杯載っているので肉の味付けがもう少し濃いほうが嬉しいかも。
麺の印象が特になかったんですが、裏を返せば全体のバランス崩さない優等生的存在。
別皿提供の魚粉は他店でよくみる粗いタイプでは無くサラサラとしているのが
目新しかったです。勿論、スープにブチ込めばアレマーと更なる美味スープへ変化。
そしてディープインパクトだったのはスープとニンニクが交わった時!本当にウマイ
市原のアノ店に似た風をなぜだか感じ、予想や期待値を遥かに上回る美味さです♪
味の満足度に加えコストパフォーマンスも高い素敵な杯数限定メニューでした




訪問日は先月なので、最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。







なんとなく訪問しなかったこの系列。今月頭に千葉県内に2店同時オープンと
一時期のVISP系バリに最近はガンガン出店しているようですね。八千代の店は
西船橋駅からの電車賃が異様に高いので西船のお店の方へ行ってみました
ジャンク 中山 外観


ジャンガレ他店舗のメニューに詳しくないけど、セットメニューが
珍しそうだったので、ミソ+餃子+炒飯のBセット(950円)を口頭で注文。
トッピング類は特に訊かれなかった(?)ので自ら「全マシ」でお願いしました。
ジャンク 中山 Bセット 味噌 全マシ
まずは炒飯。ラーメンスープに負けない程の濃い目の味付け。単品だと濃過ぎる
嫌いはありますが、ラーメンと一緒ならOK。餃子は具の存在感が無い気が…
おかげで皮が威張りまくってます。餃子にはジャンクさ皆無です。



続いて、味噌ラーメン(ミソ)180g 全マシ
ドンブリが小さ過ぎるので盛った時の見栄えはいいけど、この食べ難さったらない。
受け皿を使わなくて済むよう余裕をもった器で提供してもらえると嬉しいかな。
ジャンク 中山 味噌 全マシ
どこのお店で食べてもそうなんですが、この手のラーメンの味噌味って二郎っぽさが
ほとんど無くなりますよね。一般的なラーメン店で提供される味噌ラーメンな感じだし。
けど、麺が太く野菜こんもり濃厚スープなので一般的な味噌ラーメンと比べると数段は
こちらの方がいいです♪味噌J風で有名なくるりほどスープが重過ぎないのも好みかも。
そういえば千葉県内の二郎では味噌メニューがあったな。松戸の方が未食なので
近々行かねばと宿題メニューを急に思い出す初ジャンガレ訪問になりました。
中山競馬場近く、ファミレス風店内で空いている時間帯なら子連れも気兼ねしなさそう、
今のところ通し営業で駐車場完備とJ風店の中ではオプション充実のお店です♪




(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。








懐かしの大阪も今回は時間が限られているうえに自身の胃袋キャパ具合も
あるので訪問出来る店は1件のみ。移転後の喫茶Y、マッチョ、歴史を刻めなどの
候補の中から、本日の宿泊ホテルのある天満橋からアクセスしやすいマッチョへ。
マッチョ 千日 外観
関東では「にほんばし」ですが、関西では「にっぽんばし」の駅から徒歩で

ネットでマッチョ検索してみると本家二郎で修行した方が開店したらしい…
との情報もあるけど、ホントのとこはどうなんですかね?詳細は不明です。
マッチョ 千日 看板


(麺量315g) ヤサイニンニク
マッチョ 千日 らーめん中
バリバリのド乳化スープ。もし同じ様な印象を受けた奇特な方が一人でもいたら
嬉しいんだけど、濃い味のスナック菓子を食べた時の味わいに近い濃厚なスープ。
更にひとりよがりな事を書くと、私の好きな「うまい棒めんたい味」を思い出しました♪
ハナっからガンガンくるスープなので後半飽きやすくなるのはやむなしなのかな。
極太な麺はJ風にありがちなタイプじゃなかったので新鮮な気持ち食べられます。
豚は小ブリなロース二枚が普通だったけど、ノーマルサイズのマキチャは美味ですね。

関内インスパなのか?ニラキムチは五十円にしては量が多くアクセントとして最適。
マッチョ 千日 ニラキム
二郎基準でいうなら方向性が少し違う気がしますが、大阪で食べられる
J風ラーメンとしてはお勧めできるお店かと。なかなか美味しかったです♪
次回はゆっくりと大阪のお店を巡りたいな~



(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。




何食べるかな~と飲食店を物色中に偶然みつけたお店。
10月限定で「二郎」ならぬ「自郎」を提供しているとの事で即入店
ばーばら 看板

帰宅後にネットで調べたところ最寄駅はJR幸田駅らしい…けど車で10分もかかる
ようなのでアクセスは良くない。しかしながら地元の人気店らしく結構賑っていた。


ばーばら自郎
ばーばら 自郎
この限定の自郎は汁なしでした。私の訪問時は無料でライスかたまごが選べたが
詳細は不明。汁なしにはたまごでしょって思うけど、米が喰いたかったのでライスで。
二郎の基本トッピング完備だったので食券提出時に全部でお願いしました。
ビジュアル的には二郎なんですが、ラーメンではなく汁なしバージョンになってしまうと
二郎に似てるとか近いとかの話ではない気がします。そもそも自分の考えた二郎
いう事だし関内や一之江の汁なしと比べる事はしませんが、ガッツリ食べられる汁なし
としては満足出来る一杯でした♪ぷらっと立ち寄った名古屋のお店で偶然J風なモノが
食べられるとはJのパワーにビックリさせられた名古屋の昼でした。





(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。





2010.09.10 ラーメン蘭
足立区に9月上旬オープンしたお店。最寄駅は東武伊勢崎線の五反野駅。
蘭 名刺
無料トッピングは提供直前に訊かれます。マシマシコールも通っていたようですが
結構な山盛り野菜になっていたので確実に食べきれる人以外は控えた方が良さそう。

ラーメン ヤサイ・ニンニク・アブラ・コイメ
蘭 らーめん ゼンブ
カウンターが高過ぎるのが少々気になりますが…いただきます
カガクノチカラを存分にいかしたスープはわかりやすく旨味タップリで、慣れている
人間にはいいかもしれないが、普段お上品な食生活をおくってる人は喉が渇きそう。
全体的には中途半端に二郎をマネた店よりはイイ感じのJ風ラーメンで大チックかな。
店内に自販機もあってこちらも二郎をインスパイアしてのことか?ただ二郎に
よくある黒烏龍茶が無い(私訪問時)のがなんとも惜しかったです。チラシのタッチや
ラーメンの雰囲気が南越谷のJ風店にも似てる気がしたのは、たぶん気のせいでしょう



(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。









8月末に神保町に開店した豚とこむぎ2号店。名刺には「號」と記載されていた。
豚とこむぎ 二号 名刺

五反田本店には一度だけ行ったけど…どんな味だったっけ?失念
まだまだ暑い日が続くので「肉つけめん」の食券購入。トッピングは
食券提出時に全部でお願いを(まぜそばとつけの場合は生たまごもOK)。
豚とこむぎ神保町 つけめん
J風店のつけ汁はこうなっちゃうのかな~?というある意味王道的な味付けの汁に
高田馬場のアノ店に似ているような(?)モソモソした麺をつけて食べ進めました。
豚のしょうが焼きがのるJ風は松戸の亀ふじを思い出しますね。肉と生たまごが合うので
ライスが欲しくなります。尚、私訪問時はラーメンの豚も同タイプのモノがのってました。
野菜の盛りが良くなかなかボリューミー最後はスープ割りを頂き御馳走様です。




(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。








豚喜の支店が埼玉県川口市に登場。最寄は京浜東北線川口駅で
今でもJ風ラーメンを提供しているのか不明な花可の近くのお店。
プリントアウトした地図片手に来店する方が多く新店らしい光景。
川口豚喜 外観
9月1日の開店から3日間は豚増しor味玉のサービスがあったようですが
残念ながら間に合わなかったんですよね通常営業になってからの訪問。
つけ麺、汁なしもあって迷いましたが、暑さに負けず小らーめんの食券を

小らーめん ヤサイニンニクアブラ
川口豚喜 小らーめん ヤサイニンニクアブラ
トッピングは食券提出時に訊かれます。アブラ少な目、麺少な目・カタメなども
同じタイミングで、マシマシコールなどは受けていないようでした(ダブルは不明)。
開店したばかりでこなれていないのか?こういう方向のカエシなのか?わかりませんが
カエシの醤油味が少し強めにでているスープ。そのおかげか麺との相性が物凄く良い♪
卓上の醤油タレや魚粉で自己調節可能なのでカラメコールの必要性はあまり感じないかも。
デフォの豚は1枚ですがもっふもふ歯応えで美味く、ぶ厚いので私的には1枚で充分。
卓上調味料に魚粉や刻み玉葱があり最後まで楽しめるのが嬉しく特に玉葱は素敵過ぎた。
欠点といえば、J風店(二郎インスパイア系)としては完成し過ぎていて面白みが
少ない事くらいで近場にあれば重宝しそうな新店。最後はスマイルを頂き御馳走様でした♪



(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。




**追記**

帰りに花可に寄って見ましたがシャッター閉。
花可?
隣のせんべえ屋さんで聞き込みしたところ夜は営業しているとの事。
ただー!ラーメンを提供しているかまではです。たぶん居酒屋営業かな?



足立区島根にオープンしたお店。最寄駅は東武伊勢崎線の梅島駅or西新井駅から
徒歩10分弱の場所。つけめんTETSUの関連店らしく、哲のブログに二郎インスパイア
と呼ばれる類のラーメンと記載されていた事もあり早速行ってきました
豚の親方 看板


親方らーめん (ゼンマシ) 
豚の親方 肉汁親方らーめん ゼンブ
食券を買って着席。ヤサイ・アブラ・ニンニクの無料トッピングはラーメン提供の
直前に聞かれます。二郎でいうとこカラメは卓上調味料のタレで自己調節。
数口飲むと慣れますが、この手のラーメンの中ではかなりショッパ目のスープ。
旨味たっぷりでショッパ!ウマー!と沢山あるJ風店のスープの中でも好みな味。
極太平打ち縮れ麺は豚喜(最近は行ってませんが)と被るフェットチーネ風。
ヤサイはノーコールだと少ない(J風にしては)ので御注意を。豚はお上品かな。
親方らーめんだと載るニンニク風味の辛麻婆がピリっと辛く刺激的で美味かった♪
全体量は少なめ(J風基準で)ですが、人気つけめん店出身らしくオープンから
隙のないラーメンを提供しています。接客の素晴らしさはとみ田クラスですよ~




(訪問日:今月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。








2010.08.20 麺絆や 519
ときどき無性に食べたくなる東池袋大勝軒系のつけ麺。しかしながら
大勝軒系メニューは昼のみ提供との事でNG。夜メニューの角ふじ系の中から
つけ麺かつお(中盛)を注文。お得なミニチャー丼(100円)は今回自粛
519 夜つけかつお中盛
かつお風味強烈なつけ汁なのに太麺の存在感に終始押され気味な汁で。
麺がもう少し細い方がバランスがいいような気がしますが、チクワブ好きには
たまらないメニューであるかと思います。私的に519ではまぜそばがベスト♪



(訪問日:先月)最新の店舗情報などはこちらで御確認下さいませ。